スポンサーリンク

1歳半健診で過蓋咬合(過蓋咬合)と診断!成長するとどうなる?-出っ歯になる?

お子さんの歯並び、綺麗ですか?

赤ちゃんや小さいときって、歯茎のスペースいっぱいあるのに、生えてくる歯の位置がなんか変・・・と感じたことありませんか?

乳歯は生え変わるから、そこまで気にしなくても大丈夫!と思っていたのに、それは間違いでした!

我が家の息子は、現在3歳。すでに「歯並びの悩み」を持っています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1歳半の歯科検診でで過蓋咬合の診断を受ける

我が家の息子は現在3歳です。

1歳半の市の歯科検診で「過蓋咬合(かがいこうごう)」と健診結果の用紙に書いてありました。

直接歯医者さんに口頭で言われたわけではなかったので、自宅に帰ってから、「これ、何?」とモヤモヤしました。

過蓋咬合(かがいこうごう)とは・・・
嚙み合わせが深いことで、嚙合わせると下の前歯が上の前歯に隠れてしまうこと

<息子の過蓋咬合の写真>

2歳 過蓋咬合 かみ合わせ

噛み合わせると、下の歯がきれいに上の歯に隠れて、歯茎しか見えませんよね・・・

本来の歯並びは、上の歯と下の歯が、しっかりカチッとくっついて重なるそうです。
むしろ、これが普通と私は思っていたので、びっくりでした!

今は理解することができましたが、健診で直接言われたわけではなく、健診結果の用紙に書かれているだけでした。

過蓋咬合は、育児書にも載っていないし解決策が分からなかった

当時は調べてもよくわかりませんでしたし、育児書などの歯並びの項目には、
・「交叉咬合(こうさこうごう)」
・「反対咬合(はんたいこうごう)/受け口」
・「上顎前突(しょうがくぜんとつ)/出っ歯」
のことは書いてあるけど、「過蓋咬合(かがいこうごう)」については記載されていない。

気になりつつも、それ以降の歯科検診で何度か相談しても「顎を使って食べさせてください」と言われるだけでした。

そして、子供たちの歯並びに対して心配する理由が他にもありました!
遺伝も関係すると言われる歯並び:夫家系が受け口で心配
・祖父・父親が受け口(反対咬合)
・母親の歯並びがキツキツ(歯並びは悪くない)
・息子は2歳にして、歯どうしの隙間があまりない(食べ物が挟まってしまうくらい)
・嚙合わせると、下の前歯が上の前歯に隠れてしまう(過蓋咬合)
・下の前歯2本が少し斜めになっている

正直、子供の父親と祖父が受け口なので、受け口にならないかと産まれた時から心配しています(笑)
今現段階では、過蓋咬合(かがいこうごう)で逆に下あごは中に入っていますし、何度か歯科検診でいろんな先生に相談していますが「受け口にはならなさそう」と言われてホッとしています。

赤ちゃん、子供の過蓋咬合はどうなる?成長すると治る?

なかなか解決策が分からないまま、3歳児健診で、親身に教えてくださる歯医者さんと出会うことができました。(といっても、私が聞いた感じだけど)

その先生は、「過蓋咬合ですね」と言っていたので(指摘しない先生もいる)、今後どうなるのか聞いてみたところ、以下のことを教えてくれました。

・健診結果の書面に記載する上で「過蓋咬合」と書くだけで、現段階でそこまで問題視することはなし。

・顎の発達・歯の成長により、歯茎が大きくなれば歯並びにも余裕ができて、歯並びの改善もありうる

・下の歯に食べかすが溜まりやすく、虫歯になりやすい

・過蓋咬合で、最悪の場合、下の歯が上の歯を押しだして出っ歯になる可能性がある

この歯医者さんがようやく私が気になっていた、過蓋咬合だとどうなるかという答えを教えてくれました。

遺伝的な受け口の心配していたけど、その逆の出っ歯かーーー!!!(´;ω;`)

でも、受け口よりは、出っ歯の方が矯正しやすいだろうし、まぁ良しとしよう!!

今は顎を使って食べ物を食べさせることを意識しつつ、小児歯科専門の歯医者さんから聞いたことを実践して、少しでも良くなるように親ができる限りのことをしてあげようと思います。

矯正は100万円かかるというけど、日々の努力でしなくてもいいかもしれませんしね!^^

<子供の歯並びについて、小児歯科専門医のセミナーに参加してきました!>

日ごろやっていることの落とし穴?乳幼児のママ・パパは必見!
子供の歯並びを矯正なしで治したい!小児歯科専門医に聞いた乳幼児期のポイント

日常の生活を少し変えるだけで、歯並び・顎の発達に良いことを始めましょう^^
子供の顎の発達・歯並び改善!小児歯科医に聞いた姿勢・食べ方・よく噛む食事の工夫のポイント

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ランキングに参加しています^^

応援クリックお願いします♪


にほんブログ村

にほんブログ村</a

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする