スポンサーリンク

歯が死んでいた!神経を抜いたのに痛いー根幹治療開始後のトラブル体験記

親知らず抜歯時のレントゲンで見つかった黒い影。

歯科口腔外科のお医者さんに「歯が死んでいる」と指摘を受け、先日、フォローしてもらってるかかりつけの歯医者さんで歯が死んでいるのが確定し、神経を抜いてきました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

親知らず抜歯~神経抜くまで:私の歯の悩みの経過

2018年、3月28日 歯科口腔外科で親知らず抜歯(右上下計2本)

3/31  かかりつけの歯医者さんに移行し、親知らず抜歯部の消毒

4/6  親知らず抜歯部の縫合糸の抜糸

詳細は【画像あり】授乳中に親知らずを抜歯!赤ちゃんへの影響や腫れ・値段などレポート

<親知らずの処置終了>

刺激を加えてジーンと痛むのは、歯が死んでいるから

<4/6>

「歯が死んでいる」と指摘を受けた件について治療が開始しました。

歯のレントゲンで黒い影。「歯が死んでいる」と言われて、2人の歯科医に確認したことに詳細を書いています。

親知らず レントゲン写真

歯のレントゲンで黒い影が写った右の下の2・3番目の歯。

アルファベットの「per」と書いてあるところです。

その歯を、かかりつけの歯医者さんが、金属の鑷子(ピンセットみたいなやつ)の後ろでカンカン叩きました。

2番目は大丈夫だったけど、3番目は響くような痛みが。

この歯は、前からジーンとするような鈍い痛みがたまにあって、何度か相談したことがありました。

歯科口腔外科の先生には、右下2番目と3番目の2本の歯が死んでいる(画像上黒い影があって、膿んでいる)とのことでしたが、かかりつけの歯医者さんの見立てでは、3番目だけじゃないかと。

神経がちゃんと通っている歯は、土台がしっかりしているから痛まない。

逆に、死んでしまった歯は、土台が膿んで安定しないから刺激によって痛くなるらしい。

ちょうど3番目の歯で少し割れているところ(1mmほどの穴)があったので、そこを掘って、神経が通っているか確認することになりました。

痛みがあったら神経が通っている!なかったから歯は死んでいた(泣)

歯を削る、細くて先端が7~8mmくらい出てるドリル?で3番目の穴から削っていきます。

痛かったら神経が通っているなので、痛みがあれば、対症療法として、その穴に被せ物をするだけに留まる!

:(頼む!私の歯よ!痛んでくれ!!)

歯医者「痛かったら、手を挙げてね」

と言われ、処置される間待てど待てど・・・泣

歯医者「はーい。口をゆすいでね」

と言われ、先生も神妙な顔で、

歯医者この歯は死んでるね。今、この器機(先端8mmほどのドリル)が入って神経まで到達したはずなんだ。

それでも痛みがなければ、やっぱり神経がないということだね」

うぅっ(´;ω;`)

私の歯よ・・・さらば・・・・

歯が死んだ後は?-歯科医に確認したこと

私みたいに虫歯もなくて若くて(29歳)歯が死ぬことは珍しい

→でもかみ合わせも含めて物理的に力が加わったりしていたんだろう

・神経はいわば血液のようなもの。神経が通っていなければ、みずみずしい歯を保つことはできない→変色していく

・変色に関しては、神経を抜いたからといって食い止められるものでもない。

死んだ歯は、良く保てても化石化どまり。

・歯の根っこの部分が膿んでいるなら、膿を出す治療をする必要がある。

・一番気を付けなければいけないのは、歯が割れるのを防ぐこと。

死んだ歯はもろく、衝撃に弱い。横に割れるのはまだいいけど、縦に割れてしまっては被せ物等(差し歯)ができなくなる。

歯医者さんは、歯の変色が気になってきたら差し歯を検討すればいいと言っていたけど、私の歯(3番目)の歯は食べ物を食べるうえでとても大切で、避けて使うことは難しい歯でした。
この根管治療が終わったら、歯が割れるのを防ぐためにも被せ物(差し歯)は早めにした方がいいとのことでした。

20代でもう差し歯・・・

とてもショックが大きくて、きれいな保険適応外なら1本7万円とか、保険内だと裏は銀色の金具が見えるとか色々説明言われました。

歯医者さんには、

私 「前歯なんで、やるなら高額でもきれいな歯にします。だけど、まだそこまで気持ちの余裕がありません。」

、とちょっとウルウル気味で精いっぱいいいました。

先生も、長年診てくれているし、私のことも考えてくれて

歯科医 「前歯なんで、慎重に扱っていく必要がある。まだ、被せ物に行くまでに消毒の治療に数回かかるから、少しずつ考えていこう」

と言ってくださいました。

根管治療開始ー歯の根っこを綺麗にする

神経を抜く治療というのは、根管治療です。

簡単に言うと、

①歯の根っこを綺麗に消毒する

②神経を取る

③薬を詰めて仮の詰め物・かぶせ物をする

④完全に神経を取りきるまで消毒を繰り返す

⑤形を整え、最終的に蓋をする

4/6に根管治療を開始して、③までの処置を行いました。

先生が針のような器具に綿を付けて神経を取ってくれましたが、案の定腐っていたようで、黄色~茶色のような汚いものが綿に付着していました。

神経を取るために開けた穴の大きさは1.5mmくらいです。

仮の詰め物なので、白色の詰め物でした(近くで見たら分かる程度)。

根管治療後のトラブル

冷たいもので歯はしみるし、痛みが増して眠れない

歯医者が終わって、帰宅してからうがいをしたら、

キーーーーンってめっちゃしみました!!悶えるくらい(笑)

そういうこともあるのかなと様子を見ていたら、治まりました。

処置した日は金曜日で、ムラはあれど徐々に痛みが増したりして、日曜日の夕方から激痛に!

鎮痛剤のセレコックス錠をもらっていましたが、この週末だけで6回分すべて飲み切ってしまいました。

正直、痛み止めは効かなかった!!!

食事も難しくなり、日曜日の夜は痛みで寝れませんでした。

そして、明らかに炎症しているのが自分でも分かる感じで、月曜日の朝には微熱が出ました。

月曜日には、根管治療の2回目の予約をしていたので、それまで耐えました。

歯の中で出血していた!根管治療が振り出しへ

<4/9>

上記の症状を歯医者さんに言い診てもらいました。

先生が、器具で仮の詰め物をとって、針みたいなもので穴の中をぐりぐりしたら、

歯科医「あ~、大変なことになっているね・・・出血してる」

と。うがいしたら、大量の出血が!

根管治療開始時点では、膿んでいるだけだったけど、出血寸前の状態だったみたい。

緩衝材になっていた膿を取ったことで出血してしまい、仮の詰め物で蓋をしてしまっていたから、行き場がなくて炎症していた様子。

先生も、見た目を気にして、神経を抜く穴を小さめにしたのが裏目に出たと言っていました。

緑色のうがい薬で何度もうがいして、中に入っている血液を出すことになりました。

紙コップ5杯くらいやって、血が止まりました。

歯医者さんが、針のような器具に綿を付けて穴にさして何度か血を取ってくれて、最後に薬を塗った綿を詰めて終了しました。

詰め物ではなく、出血や中のものをだしきるために、詰め物はせずに、穴の中に綿を詰めただけでした。

根管治療をするためにも、まずは出血を止めて内容物を出し切って綺麗にしてから治療を再開するということで、いったん根管治療はストップしてしまいました。

私は授乳をしているので、診察回数を重ねてフォローしていくことになりました。

処方された薬

<すべて毎食後>

・ケフラールカプセル:抗生剤

・ムコスタ:胃薬

・ロキソニン:痛み止め

今回、先生はあえてロキソニンを処方しました。

ロキソニンの妊娠・授乳期間中に置いての服用についてさ賛否両論あります。

カロナール200mgはどうかと確認したところ(家にたくさんあったから)、

カロナールは弱いから、どうせ飲んでもらうならロキソニンがいい。ロキソニンなら、炎症を抑えてくれるし、痛みにも効く。

との返答でした。

注意点としては、

痛みがなかったら、飲まない

・服用後2~3時間後に一番母乳に移行すると言われているから、授乳のタイミングや内服時間を少し工夫する

4/9は夕方に痛みが増したので、一度だけ内服しました。

出血を取り除く処置を継続する

<4/10>

翌日も歯医者さんに行きました。

先生が歯の穴に入っていた綿を抜くと、まだ出血していました。

針のような器具に綿を付けて、何度か血液を取り除きます。

最後に、薬をつけた綿を穴に詰めて終了しました。

所要時間は5分ほど。お会計は240円でした。

体験記は順次追記し、まだまだ続きます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ランキングに参加しています^^

応援クリックお願いします♪


にほんブログ村

にほんブログ村

こちらもどうぞ^^

親知らずの影響で歯並びが悪化!マウスピースで悪化を防ぎ現状維持をする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする