スポンサーリンク

京都【茶寮 宝泉】未就学児は座敷に入れないけど大満足!わらび餅の食感の変化を楽しむ!

二人目妊娠中に、京都の老舗和菓子処【宝泉】に行ってきました。

甘いものが大好きな夫婦なので、旅はもっぽら食に走りがちです!(笑)

今回は、オープン前から並んで楽しみに行った宝泉でしたが、まさかまさかの未就学児は座敷に入れないという事実

リサーチ不足で当日知りました><

でも、大人だけ座敷から庭園を見ることができたし、子供と一緒に日本庭園に入ったりできたので、とても満足しました^^

※画像かなり多めでお送りします~~

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

京都の有名甘味処【宝泉】の駐車場、混雑、待ち時間は?

小さい子がいる旅となると、気になるポイントは、

・近くに駐車場があるか

・混雑していて、待ち時間が長すぎて退屈しないか

いうことが気になります。

宝泉の混雑避けたいなら、オープン15分前がオススメ

京都 茶寮 宝泉

閑静な住宅街に溶け込んでいます。看板がないと、大きな一軒家のようにも見えます。

土曜日でしたが、オープン15分前(9:45)に到着して、誰も待っている人はいませんでした。

専用駐車場は8台、バイクや自転車も駐車できる

すぐ隣に2台入る門構えの駐車場があります。

注意書きに「左右に寄せて駐車してください」と表記がありますので、そこまで大きなスペースではないですね。

ここは早く埋まってしまう&割と狭いので、宝泉の前の道を200mほど行ったところに第二駐車場もあります。

ここは、6台駐車でき、自転車やバイクもこちらに停めることになっています。

オープン10分前から続々とお客さんが並びだす

息子と旦那さんはすぐ近くに公園があったので、旦那さんと一緒に公園に遊びに行きました!
正味オープンまで10分ほど待っていなければいけなかったので、退屈しだす幼児がいるため、とても助かりました!

私がお店前で待っている間、オープン5~10分前になったら1人の女性客が2組も並び始めました。
オープン前に女性客が一人で訪れるお店とは、「これは期待大!」と私テンションが上がりました^^
店員さんが打ち水をして、のれんをかけていきました!
オープンです!

未就学児は座敷には入れず!特別席でゆっくりと

いざ、日本庭園へ!

とか思っていましたが、まさかまさかの未就学児(小学生未満時)は、座敷に入ることはできませんでした。

でも、販売スペースの横に未就学児がいる方向けの専用スペースが!

「子供席」なるものは、座敷ではなく、低めのテーブルとイスでした!

6人掛けの席です。

家族で座敷に入れなかったことはとても残念だったんですが、風情がある有名なお店なので、子供が座敷だと走り回ってしまうかもしれませんし、それは仕方なく、逆に「家族だけで気兼ねしないで寛げる!」と思えば、逆に子連れへの配慮もうかがえます^^

気にせずゆっくりできたのは、これはこれでよかったと思います!

入らないと分からない、日本庭園の広がる最高の空間

店員さんに、庭園を見せてもらえないか確認したところ快く承諾してくださいました。

もちろん、トイレに行く流れで見ることもできますよ~

宝泉は座敷のお店なので、靴を脱ぎます。

こちらが座敷の入口なので、写真右側に履物を脱ぐところ・靴箱があります。

脱ぎ履きしやすいように、脱ぎやすい履物がいいかもしれませんね。

デートで行くときは、靴下やストッキングの穴や毛玉とかチェックしといた方がいいですよ!(笑)

靴を脱いで廊下を渡るとすぐ日本庭園が広がります。

きちんと手入れされていて、緑がとても美しい・・・♡

高さのある塀がお店全体を囲んでおり、外からは見えないので、
「こんな町中に素敵なお庭が・・・はぅ♡」みたいな気持ちにさせられます笑
地面には緑鮮やかな苔が生えていて、色のコントラストがとてもきれいです。

日本庭園を囲む感じ座敷があり、こんな感じでした。

掘りごたつではないので、短すぎるスカートは要注意ですね!笑

わらび餅は注文してから待つこと15分!作り立てが食べられる!

私たちは、「わらび餅」「冷やしぜんざい」「上生菓子のお抹茶セット」を注文しました!だいたい1商品1000円前後くらいのお値段です^^
わらび餅は注文してから作るそうで、注文してから出てくるまでに15分ほど要しました!

2歳なりたての息子は、最初にお茶請けで出された「丹波の黒豆のしぼり豆」を食べて頑張って待っていました!(笑)
途中、うろちょろしだしたので、繋がっているお買い物スペースに行ったりして、お土産品を選んだりしていました!

注文した商品が運ばれてきました!

<わらび餅>

旦那さんは「わらび餅」を注文しました!

わらび餅は、時間をおくと、少し固くなっていきます。

最初食べたわらび餅はプルプルしていて、トロっとする感じ。

最後の方は固さが増して、弾力がある感じ。

この変化する食感を楽しむ本場のわらび餅も面白いなと思いました。

黒蜜も濃厚で美味でした!

<冷やしぜんざい(写真奥)、上生菓子のお抹茶セット(写真手前)>

息子は「冷やしぜんざい」を。
私は「上生菓子のお抹茶セット」をいただきました。お抹茶じゃなくても、グリーンティー(冷/温)やほかのものも選べましたよ。お値段はバラバラです。

上生菓子はお買い物コーナーの一角に見本があり、選べました♪


私は「雨あがり」を注文しました!

私のお抹茶の横にある餡子を寒天で固めたハート形の「加茂葵」は、座敷にいけない子供に特別につけてくださるもののようです!

なんて粋な計らい!

座敷に行けなかったことを後悔させない心遣い!その気持ちが嬉しい*

買い物客が絶えない!購入者へのお茶のサービスも嬉しい

お買い物スペースはこんな感じです。

しぼり豆がおいしかったので、お土産にいくつか購入しました。

イートインだけでなく、お持ち帰りのみで利用される方も多く、購入者には購入してからお渡しまでの包んでいる間に、ほうじ茶と水無月(上生菓子)を小さく切ったものを提供されていました!
お買い物スペースの中心にある長椅子で商品を包んでもらう時間をゆっくり待つことができるので、何度も利用したいと思わせる心遣いです!

外からも中庭に入ることができる

中庭を座敷で鑑賞することはできませんでしたが、外からは誰でも行くことができるので、息子とともに入りました^^
注意書きにもありましたが、苔を踏むことはいけないことなので、小さなお子さんが走り回ったりして、苔をつぶしてしまわないように注意してくださいね!

座敷からは分からない、近くで見ると、細かいところまで手入れされているな~と感じました。
こんなお家に住んでみたい!と思い、日本庭園の素晴らしさを実感できましたよ~

宝泉の魅力まとめ

・駐車場は計8台(第一・第二駐車場あわせて)

・オープン15分前で一番乗りで待ち時間なし

・未就学児は座敷に入れない。子供席を利用

・子供には特別なお菓子がつく

・わらび餅は時間が経つと食感が変わる

・持ち帰りでも、一服できる京都ならではの心遣い

・日本庭園は美しくて非日常

「茶寮 宝泉」に行ってみて、非日常を味わうことができました。

最初は、「せっかく来たのにお座敷に入れなくて残念」と思いましたが、子供席が用意されていることで、ほかのお客さんに気を遣いすぎることなく、私たち自身も気持ち的ににゆっくりすることができました。

こういった有名甘味処は、子供がいることで敷居が高いように感じてしまうところもありますが、逆に、素晴らしい配慮をしてくださっているのも目の当たりにして、気持ちがほっこりしました。

そういったお店を今後も探していきたいです^^
わらび餅も上生菓子も、ぜんざいもどれも美味しくて、大満足な甘味処でした^^

幼児・未就学児のいる方も行けるので、ぜひ非日常を体験しに行かれてはどうでしょうか?
その場合は、子供席は1席(6人掛けなので相席もありかも?)しかないので、早めに行かれることをオススメします^^

茶寮 宝泉(さりょう ほうせん)

住所:京都府京都市左京区下鴨西高木町25
アクセス:
市バス・京都バス「下鴨東本町」バス停から徒歩3分
市バスの場合、204・206・北8系統、「北大路バスターミナル」からの乗車が便利です
京阪「出町柳駅」から徒歩20分
松ケ崎駅から960m
営業時間:10:00~17:00(L.O.16:30)
定休日:水曜日・木曜日
TEL:075-712-1270

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ランキングに参加しています^^

応援クリックお願いします♪


にほんブログ村

にほんブログ村

宝泉から1時間かからずに行けます^^

京都【嵐山高雄パークウェイ】観空台遊園地は低予算で幼児~小学生まで一日遊べる!自然と触れ合う!

子供と一緒に色々楽しめるお宿です^^

京都【高雄観光ホテル】感想:子供と川床・ホタル・舞妓さん観賞できる部屋食のオススメ宿

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする