【感想】ベビービョルン BABY BJORN ソフトスタイ【ビニールスタイと比較】

先日トイザらスでベビースタイを購入しました!

ベビービョルンBABY BJORN のソフトスタイです。

ビニール素材のスタイと比較して個人的な感想・レビューを記載します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ベビービョルンのスタイは着用時のフィット感がすごい!

息子が赤ちゃんの時の着用時です。

写真でもわかるように、 体にすごくピタッとフィットしていますよね。

ベビービョルンを使うまでは、ソフトスタイを使用していたので、初めて着けた時の感動がこれでした!

首回り19~30cmで調節可能で、ボールチェーンみたいに、丸どうしのくぼみにはめるので、着脱も簡単です。

首回り調節が19~30cmはかなり調節幅があって、出生体重や成長具合ででサイズの開きが大きい赤ちゃん世代には助かります。

ビニールスタイだと、スナップボタンやマジックテープなので首まりの調節に限界があります。

ストローをたまに失敗する息子は、首と顎の間から濡れて服を濡らすことが多々ありましたが、ベビービョルンのスタイに変えてからなくなりました!

前かがみでも、後ろにもたれても食べこぼしをキャッチ

食べこぼし受けの開き具合が、すごく絶妙です!

ハイローラックをご飯時のベビーチェアとして離乳食をあげているんですが、手前にテーブルを設置していると、ぽんときれいにベビービョルンのスタイが乗っかって、これはこぼしようがありません。

よく動く赤ちゃんは、前かがみに急になったり、ガーンと後ろにもたれたり、体勢によってスタイから食べこぼしがこぼれてしまったりすることがあります。

そうすると、「キャッチできるはずの食べこぼしが、姿勢によってキャッチできない」ということが起こるんです。

この写真はベビーチェアの後ろにもたれたとき、

こっちは2枚目は前かがみになったとき。

ベビービョルンのスタイは体にフィットしているので、体勢によって、スタイから食べ物がこぼれてしまうことがほとんどありませんでした

平置きしてもこぼれない形状

離乳食の食べこぼしや汁ものが多少入っている状態で、平置きしてもこぼれない設計になっています。

つまり、テーブルに食べこぼしが入ったスタイを離乳食が終わった後に置くことができます

中の食べこぼしがこぼれる前に、スタイをシンクに急いで持って行く手間が省けました。

食器同様に洗ってく乾かすだけ!水切れもいい

食器用洗剤で洗えるので、離乳食の食器たちと一緒に洗えます。

スタイに付いた食べこぼしも、三角コーナーに捨てたり排水溝に流せるので、楽ちんです。

すぐに乾くので、3回食の現在も1つで間に合っています。

乾いてなかったら、首回りと、裏側(服に当たるところ)をサッとクロスで拭くだけでOKです。

ベビービョルン・ソフトスタイのメリット・デメリット

<ベビービョルン・ソフトスタイのメリット>

・首回りの調節ができ、長く使える

・取り外しが素早くできる

・体にフィットするので、スタイ自体が回りにくく、よく動く赤ちゃんにもOK

・食べこぼし受けが広い。姿勢に左右されない

・ティッシュの使用量が減った

・平置きしても、こぼれない設計

・食器用洗剤で洗えるので、食器洗いと一緒にそのまま食器洗いかごへオン!

<ベビービョルン・ソフトスタイのデメリット>

・定価1500円程なので、高め(トイザらス等タイミングを狙えば1100円程度に購入できる)

・場所をとるし、曲げれないのでお出かけ時は不向き

・スタイに慣れていない子には、邪魔に感じてすぐ取っちゃう

ビニール素材のスタイのメリット・デメリット

<ビニールスタイのメリット>

・値段も手ごろで、たくさん買える。100円均一でも売っています。

・なんといっても、持ち運びやすさ!お出かけ時に大活躍!折りたたんでポケットにしまえば写真のようにコンパクトに。


・かわいいデザインが豊富。

<ビニールスタイのデメリット>

・身体とスタイに余白があって、動くたびにくるくる回ってしまい、調整しないとこぼれる。

・食べこぼし受けの開きが全然ないので、食べこぼしをキャッチできない。毎回お母さんが手で開けておくのは不可能。

・カシャカシャなって、赤ちゃんが変に喜んじゃって、離乳食よりもスタイを食べちゃう(泣)

・首回りの調節はあっても(2段階スナップ等)、完全にぴったりさせることはできない

・毎回洗わなくてはいけないが、布部分は濡れるとすぐには乾かないので、洗い替えが必要

デメリットもありますが、安くて省スペースというのは魅力です^^
私は使用用途に合わせて使い分けることにしました!

スタイ使用時ののオススメ使用方法の紹介

ビニールスタイの使用時もやっていたんですが、汁っぽい離乳食のときやストロー飲みを失敗したときの飲料の飲みこぼしのキャッチのために、軽く口拭いたりしたときのティッシュを1枚ポケットに入れておきます。


食べこぼし受けを赤ちゃんが触ったりしたときに、垂れたりするのを多少ですが防ぐことができますよ。

ビニールスタイのときは、食べこぼしをキャッチできずに、毎回それをティッシュで拭き取っていたので、毎食ティッシュペーパーを5枚ほど使用していました。

今は、中に入れるティッシュを含めて2~3枚ほどで済んでいます。ラッキーです。

ティッシュを食べちゃわないように、ちゃんと見ててあげてくださいね^^

ベビービョルン・ソフトスタイの使用感想まとめ

スタイの使用状況は様々なので、私は、家使いはベビービョルン、お出かけ時はビニールスタイと使い分けることにしました。

今現段階では、家で過ごすことがほとんどなので、ベビービョルン ソフトスタイを購入して大正解でした!

色んな手間が省けて楽になり、煩わしさも減りました。

出産準備や、そろそろ離乳食開始になるなと思って食事用のスタイを購入検討されている方、私だったら、ベビービョルン1枚、ビニールスタイ2枚 を揃えておけばいいと思います。

私は今までビニールスタイ4枚をサイクルしていました。

早く気づけば良かった!
でも、これらは無駄ではないので、学べて良かった!と思います^^

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ランキングに参加しています^^

応援クリックお願いします♪


にほんブログ村

にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする